色校正について

色校正とは

会社案内やパンフレットを制作する際に制作しているデータの色味と印刷機のデータでは色味が変わることがあります。そこで作っているデータがどんな色味に仕上がるか確認するために試しに印刷するのが色校正と呼ばれるものです。ただ色校正をすれば希望の色に仕上がるかと言えばそうとも言えません。コストと時間も掛かるものなので仕組みと特性を理解した上で判断するべきだと思います。

色校正は2種類ある

色校正には2種類のやり方があります。一つは校正機と呼ばれる簡易印刷機のようなもので印刷する方法です。これは本番と同じ紙を使うので本紙校正呼ばれます。メリットは専用機を使うので比較的フレキシブルに対応でき早いということと若干コストが安いということになります。デメリットは適切な濃度管理ができていないと印刷機では再現できないほどインクを盛ってしまうので印刷機では再現できない色になってしまうこともあります。きちんとした印刷会社ではインクの濃度を測って基準値に収まっているかチェックしています。

もう一つが本機校正です。文字通り本番で使う印刷機で少しだけ印刷します。メリットは印刷機を使うのでインクの盛りすぎがなく色の再現性が高い校正が出せます。デメリットは通常の印刷の間で行うため時間が取りづらくすぐにはできないということと紙を多く使うの必要があるのでコストが高いことです。

色校正は絶対ではない

さて以上の方法でコストと時間を掛けても完全に色が再現できるわけではありません。校正機で刷ったものに印刷機で完全に色を合わせられることは機械が違うので厳密には難しいですし、本機校正も印刷機に対して非常に少ない紙で色を合わせます。印刷機が本調子になるかならないぐらいで本機校正は終わってしまいます。ですので本番で十分に印刷機を回した状態と色が厳密にあうかというとそうではありません。

また印刷に立ち会って色を合わせてもその一瞬はよくても回している内に色がズレてきてしまうことはよくあるのです。

食品等余程色が重要なもの以外はデータさえしっかり作っていればそれ程時間とお金をかける必要はないのではないでしょうか。制作会社のプリンターで出力してもらったものをみればほぼ問題ないのではないかと私は思います。

なので最初から料金に色校正代を入れていないパンフレット制作.jpさんの料金体系を見ると非常に合理的だなと思うのです。


社会・経済ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です