写真の準備の仕方

パンフレットに使う写真を準備する際の注意点は?

前回のパンフレットの文章の書き方でも書いたように自分でできることは極力自分で用意するのがコストを抑えるポイントです。それはパンフレットで使う写真についても同様です。

もちろんクオリティーをどうしても担保しないと行けないものについてはプロに依頼したほうがいいと思いますがそこそこのもので良いということであれば自前で用意した方が良いでしょう。

今のデジタルカメラは印刷物に対しても十分な性能を有しています。自分で撮影する際のポイントは極力明るくして撮影することと画質落とさないで保存するようにカメラを設定しておくことです。データであれば多少であれば補正もかけることができますが画質が足りないものについてはどうしようもできないからです。

会社案内に使うオフィスの写真等はこれで準備できると思います。その他イメージ写真についてはインターネット上に写真素材を無料でダウンロードできるサイトがいくつかあるのでそこを利用するか(もちろん商用利用が可能かどうか予め確認しておきます。)写真素材販売サイトで購入するという手があります。

ただ写真素材についてはパンフレットや会社案内のデザインとも関係があるのでイメージ写真については発注する制作会社に相談して予算の中で収まる様にしてもらう方が良いかもしれません。

イメージ写真素材はあくまでイメージで様々なパンフレットで使えるように汎用性を持たせています。その為あまりにもシチュエーションが限定されてしまうとない場合があるので注意が必要です。

社会・経済ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です