パンフレットの文章の書き方

パンフレットのコストを落とすコツは自分でできるところは自分でやること

以前にパンフレットのデザインを委託する制作会社の探した際に掲載する文章を提供するとコスト抑えられる制作会社が何社かあると紹介しました。

パンフレットを低コストでデザインするには自分でできることは自分で行い、必要な部分のみを外注するというのが合理的なコストの落とし方だと思います。

意外とのコストが掛かるのが文章の制作です。文章の制作を委託すればライターを用意しないといけないので人件費がどうしても発生してしまいます。しかも短時間で自分たちの希望の文章を外部の人間であるライターに書いてもらうためには精度の高い資料を用意しておく必要があります。

その労力を考えると自分たちで文章を作ってしまった方が返って早いかもしれません。実際私もそれに気づいて極力自分で文章を作ることにしています。

文書の書き方ですがあまり難しく考える必要はありません。日常業務でメールを使わない人はいないと思いますので実は文章を書くという作業は日常的に行っているのです。

パンフレットの文章制作のコツは引き算

パンフレットの文章制作のコツは引き算です。まず書きたい要素を書き出します。次にその中から不要な要素を削っていきます。それから文章を書いていきます。

文章が書けたらそれを半分にするつもりで文章を削っていきます。こうして引き算を続けていくと読みやすい文章に仕上がっていきます。

パンフレットの文章制作についてはパンフレット制作.jpさんのパンフレットの作り方会社案内の作り方も参考になると思います。


社会・経済ランキング

「パンフレットの文章の書き方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です