制作会社の決め方

デザインを依頼する制作会社どのように決めればいいか?

前回の投稿ではデザインを依頼する制作会社の探し方を紹介しました。今回は制作会社をどの様に決めるかです。

こればっかりはやってみないと分からない部分が結構あるのが正直なところではあります。だからといってコンペなどでデザイン案を出させるのは経験上いい手とは思いません。一見発注側にメリットがありそうなコンペですが経験上いい案が出てきたことはほとんどありませんでした。この点については後日別項で書くことにします。

さてやってみないとわからない部分はあるにしてもなるべく良い制作会社を選びたいと誰もが思うはずです。制作会社を選ぶ際は次の二点を考慮して考えてみるといいでしょう

  1. コストが予算内収まるか(追加料金になる部分が明確になっているか)
  2. パンフレットの内容にあったデザインに仕上げてくれそうかどうか。そのためにこちらの要望をきちんと聞いてくれるかどうか

まず1については出てきた見積もりを確認の上、不明点があればよく確認してみましょう。追加料金になる部分についても説明してもらいます。

そして2ついては1を確認する過程での対応を見て見るといいと思います。しっかり説明してくれるような制作会社はコミュニケーションが取れるので2の条件についても希望に近づけることができると思います。また社内にデザイナーが常時在籍しているかどうかも重要な点だと思います。社内デザイナーであればもしもの時は直接話すことでイメージを伝えることができるからです。(一部の会社では制作部隊が地方だったり、クラウドソーシングのような仕組みだったりする場合があります。)

最後に制作実績を見てみましょう。これは社内にデザイナーが在籍していることが前提になりますが制作実績を見てみるのも結構有効だと思います。

確認する点は沢山制作実績があるかどうか、同じパターンのデザインが多いかどうかです。こちらのパンフレットデザイン実績を見てみてください。私がパンフレット制作.jpさんに発注した理由がこのデザイン実績の多さとデザインの幅が広いことです。(他に会社案内のデザイン実績にも沢山実績が載っています。)

後はプラスアルファとしてそのサイトのデザインが気に入るかどうかもあります。こういった制作会社はサイトのデザインは当然自社でやっているはずです。ですのでサイトのデザインをみて直感的に良さそうと思えるかどうかも判断材料になると思います。


社会・経済ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です