パンフレットの仕様を決める

まずはざっくりと仕様を決めておく

前回用語について簡単に説明しました。次は制作会社の選定になります。制作会社に問合せる際にある程度仕様が決まっていると話が早いですし、比較もし易いです。

仕様ですがまず決めないといけないのはページ数と印刷部数です。これで大体の料金が決まってきます。

部数ですが特殊なものでもない限り500部と1,000部でそれほど価格は変わりません。大きな印刷機で一度に印刷するからです。会社で使うものであれば1,000部ぐらいで考えてしまった方が単価も安くなるので配りやすくなります。

ページ数についてはちょっと難しいですがパンフレットの場合ミニマムで4P、多い場合で8P程度が普通だと思います。それ以上になる場合もありますがそこそこまとまった予算が必要になります。載せる項目を書き出してみれば大体の文章量等も見えてくるので必要なページ数の見当もつくと思います。

後は競合他社のパンフレットを見てみるというのも手です。恐らく必要な文章量はだいたい似てくると思います。

仕様がざっくりでも決まれば後は業者を探すだけです。


社会・経済ランキング

「パンフレットの仕様を決める」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です