パンフレットの制作期間

パンフレットや会社案内の制作期間はどのくらいみればよいのか?

パンフレットや会社案内の制作期間はどのくらいみればよいのでしょうか。私のところに相談に来る人達は意外とすぐできると思っている人たちが多い様に思います。

上記を考慮すると恐らく一般の方もすぐできると思っている方が大半だと思いますが実際はそんなに簡単にはいきません。

私も作業内容を知るまではすぐできると思っていましたが作業内容、例えば校正のチェックや修正のやりとりを考慮すると時間は掛かるものです。

さらに印刷物は修正がきかないこと考慮すると細かいところまで入念にチェックしておきたいところです。経験上急いで作れば作るほど入稿等直前になってとんでもないミスが見つかるものです。

私の経験上4P程度のパンフレットで原稿を渡してから1ヶ月程度、6P以上で1ヶ月半くらい~が目安だと考えています。特殊加工や原稿の制作(文章の制作)が必要なものについてはさらに時間がかかります。(社内での確認(上長の確認)に時間がかかる場合も同様です。)

なぜかというと基本的に「チェック→修正→チェック・・・」という流れを繰り返すからです。修正の時間に加えて自社でチェックするという大事な時間もあるので上記の様な時間はすぐに過ぎてしまうものです。

内容については誰かがチェックしないといけません。内容についての正しい判断ができるのは発注者です。ですので発注者が責任をもってチェックしないといけません。自分たちでチェックする時間も考慮して制作期間を設定するといいでしょう。


社会・経済ランキング

色校正について

色校正とは

会社案内やパンフレットを制作する際に制作しているデータの色味と印刷機のデータでは色味が変わることがあります。そこで作っているデータがどんな色味に仕上がるか確認するために試しに印刷するのが色校正と呼ばれるものです。ただ色校正をすれば希望の色に仕上がるかと言えばそうとも言えません。コストと時間も掛かるものなので仕組みと特性を理解した上で判断するべきだと思います。

色校正は2種類ある

色校正には2種類のやり方があります。一つは校正機と呼ばれる簡易印刷機のようなもので印刷する方法です。これは本番と同じ紙を使うので本紙校正呼ばれます。メリットは専用機を使うので比較的フレキシブルに対応でき早いということと若干コストが安いということになります。デメリットは適切な濃度管理ができていないと印刷機では再現できないほどインクを盛ってしまうので印刷機では再現できない色になってしまうこともあります。きちんとした印刷会社ではインクの濃度を測って基準値に収まっているかチェックしています。

もう一つが本機校正です。文字通り本番で使う印刷機で少しだけ印刷します。メリットは印刷機を使うのでインクの盛りすぎがなく色の再現性が高い校正が出せます。デメリットは通常の印刷の間で行うため時間が取りづらくすぐにはできないということと紙を多く使うの必要があるのでコストが高いことです。

色校正は絶対ではない

さて以上の方法でコストと時間を掛けても完全に色が再現できるわけではありません。校正機で刷ったものに印刷機で完全に色を合わせられることは機械が違うので厳密には難しいですし、本機校正も印刷機に対して非常に少ない紙で色を合わせます。印刷機が本調子になるかならないぐらいで本機校正は終わってしまいます。ですので本番で十分に印刷機を回した状態と色が厳密にあうかというとそうではありません。

また印刷に立ち会って色を合わせてもその一瞬はよくても回している内に色がズレてきてしまうことはよくあるのです。

食品等余程色が重要なもの以外はデータさえしっかり作っていればそれ程時間とお金をかける必要はないのではないでしょうか。制作会社のプリンターで出力してもらったものをみればほぼ問題ないのではないかと私は思います。

なので最初から料金に色校正代を入れていないパンフレット制作.jpさんの料金体系を見ると非常に合理的だなと思うのです。


社会・経済ランキング

会社案内デザインの決め方

会社案内のデザインをどう決めていくか

前回会社案内デザイン基本的な要素について書きましたが会社案内のデザイン決め方について書いてみます。どんなに簡単な会社案内でもデザインについて方向性は決めておいた方が後々良いからです。

他のパンフレットのデザインの基準になるのが会社案内

ブランディングの為に会社案内を始めとした印刷物やWebサイトのデザインは一貫性を出した方が受け手のイメージが格段に良くなります。これは規模小さい会社や創業したての会社ほど行った方がよいでしょう。そうした方が相手に対してしっかりした会社と印象を与えることができるからです。

会社案内のデザインを他のパンフレットやWebサイトのデザインの基準になるようにしておくとよいでしょう。

以上を踏まえて会社案内をデザインする

さてデザインの基準(方向性)を決めるためにはどうすればよいのでしょうか。

まずはコーポーレートカラーやロゴを決めていきます。コーポレートカラーは自社を相手にどうイメージさせたいかを考えて決めます。若々しくフレッシュなイメージなら緑、ハイエンドなイメージなら濃い青等といった具合です。仕事内容や会社の成り立ちから考えても良いと思います。どれが正解ということはありません。

会社のコーポレートカラーについては自社で決めてロゴの制作を依頼するか、コーポレートカラーを含めてロゴの制作を依頼してみましょう。ロゴの制作費はおよそ10万円程度~で制作できるかと思いますが様々条件によって変わるようです。クラウドソーシングで制作を依頼する手もありますがロゴは長く使っていくの普通ですので安さだけを求めるのは避けた方がいいと思います。

ロゴやコーポレートカラーがすでにある場合は制作会社に原稿に他に表現したい要素を話して会社案内をデザインしてもらいます。(例:若い会社なので躍動感を出したい等)

事前に他社の事例を見ておくと制作会社との打ち合わせ時に話し易くなると思います。

いつものパンフレット制作.jpさん等会社案内の制作実績が沢山載っているサイトを見ておくと良いでしょう


社会・経済ランキング

 

会社案内のデザイン

一番多いパンフレットは会社案内

企業でつくるパンフレットで1番多いのは会社案内だと思います。他社の会社案内を見せてもらうと様々な会社案内があり、どういった内容が掲載されたものを会社案内というのかは実際のところかなり曖昧だと思います。

というのも会社案内と言いつつ、サービスの紹介やカタログを兼ねているような会社案内もあるからです。

会社案内をデザインするために必要なものは

会社案内をデザインするために必要なものはまずは掲載する内容(文章)を用意しないといけません。どんな要素を用意すれば会社案内をデザインする(制作する)ことができるのでしょうか

パンフレット制作.jpさんの会社案内の作り方というコンテンツを見てみると

  1. コンセプト(ごあいさつ)
  2. 事業概要
  3. 強みアピールポイント
  4. 会社概要、沿革

という4つの要素が最低限必要な要素であるみたいです。以上を踏まえて他社の会社案内を見てみるとやはり上記の4つの情報を基本に肉付けされているなと思いました。

つまり最低限上記の4つの要素を用意すれば会社案内をつくることができるわけです。

初めてつくるパンフレットが会社案内という話は私にもよく相談があるので多いと思います。これらを参考に制作会社に相談してみてください。

社会・経済ランキング

デザインの要望の伝え方

パンフレットのデザインの要望をどう伝えればいいのか

パンフレットや会社案内のデザインについてデザイナーにどのように伝えればいいのでしょうか。デザインは抽象的なものだし、自分自身でイメージもないのでどう伝えればいいか分からないというのが普通だと思います。私もそうですから。

ただし伝え方が分からないからといってそれを放棄してしまえばデザイナー側も困りますし、制作が前に進みません。

ここで少し考え方を変えて見て下さい。細部まで全て指定しようとするからわからなくなるのです。部分部分で考えると決められるところが出てくるはずです。相手もプロです。全てが出てくるとは思っていません。断片的なヒントが拾えればそれで十分なのです。

私もパンフレットの制作を発注する様になってあるデザイナーに言われてはっとしました。全部を指定する必要はないし、全部を指定しようとするからわからなくなると。

ではどういう部分かというとまず決まりで決められるところです。コーポレートカラーやロゴの使い方の決まりが該当します。

次は掲載する要素の重み付けです。どの要素が1番重要なのか。

そしてそのサービス(または商品)をどんなイメージでどんな人に伝えたいか

こういった情報を断片的でもいいのでデザイナーに伝えてみましょう。後はデザイナー方から質問したり、考えてくれると思います。いくらデザイナーでも全く情報がないとやりようがないのです。少しでもヒントをあげることでデザイナーも考えを進めていくことができます。

また他のパンフレットのデザインをみておくことも話をする際に参考になると思います。

気になったパンフレットを取っておいたりネットで検索してみると良いと思います。

パンフレットや会社案内のデザイン実績についてはパンフレット制作.jpさんナイスデザインさん等が参考になると思います。

他にも事例は沢山ありますので探してみて下さい。


社会・経済ランキング

写真の準備の仕方

パンフレットに使う写真を準備する際の注意点は?

前回のパンフレットの文章の書き方でも書いたように自分でできることは極力自分で用意するのがコストを抑えるポイントです。それはパンフレットで使う写真についても同様です。

もちろんクオリティーをどうしても担保しないと行けないものについてはプロに依頼したほうがいいと思いますがそこそこのもので良いということであれば自前で用意した方が良いでしょう。

今のデジタルカメラは印刷物に対しても十分な性能を有しています。自分で撮影する際のポイントは極力明るくして撮影することと画質落とさないで保存するようにカメラを設定しておくことです。データであれば多少であれば補正もかけることができますが画質が足りないものについてはどうしようもできないからです。

会社案内に使うオフィスの写真等はこれで準備できると思います。その他イメージ写真についてはインターネット上に写真素材を無料でダウンロードできるサイトがいくつかあるのでそこを利用するか(もちろん商用利用が可能かどうか予め確認しておきます。)写真素材販売サイトで購入するという手があります。

ただ写真素材についてはパンフレットや会社案内のデザインとも関係があるのでイメージ写真については発注する制作会社に相談して予算の中で収まる様にしてもらう方が良いかもしれません。

イメージ写真素材はあくまでイメージで様々なパンフレットで使えるように汎用性を持たせています。その為あまりにもシチュエーションが限定されてしまうとない場合があるので注意が必要です。

社会・経済ランキング

パンフレットの文章の書き方

パンフレットのコストを落とすコツは自分でできるところは自分でやること

以前にパンフレットのデザインを委託する制作会社の探した際に掲載する文章を提供するとコスト抑えられる制作会社が何社かあると紹介しました。

パンフレットを低コストでデザインするには自分でできることは自分で行い、必要な部分のみを外注するというのが合理的なコストの落とし方だと思います。

意外とのコストが掛かるのが文章の制作です。文章の制作を委託すればライターを用意しないといけないので人件費がどうしても発生してしまいます。しかも短時間で自分たちの希望の文章を外部の人間であるライターに書いてもらうためには精度の高い資料を用意しておく必要があります。

その労力を考えると自分たちで文章を作ってしまった方が返って早いかもしれません。実際私もそれに気づいて極力自分で文章を作ることにしています。

文書の書き方ですがあまり難しく考える必要はありません。日常業務でメールを使わない人はいないと思いますので実は文章を書くという作業は日常的に行っているのです。

パンフレットの文章制作のコツは引き算

パンフレットの文章制作のコツは引き算です。まず書きたい要素を書き出します。次にその中から不要な要素を削っていきます。それから文章を書いていきます。

文章が書けたらそれを半分にするつもりで文章を削っていきます。こうして引き算を続けていくと読みやすい文章に仕上がっていきます。

パンフレットの文章制作についてはパンフレット制作.jpさんのパンフレットの作り方会社案内の作り方も参考になると思います。


社会・経済ランキング

コーポレートカラーの管理

コーポレートカラーを正確に伝えよう

企業のパンフレットのデザインの仕方とも関係があるのがコーポレートカラーです。コーポレートカラーを基調にパンフレットをデザインするというのも珍しくはありませんし、コーポレートカラーで統一することでブランディングの強化にも繋がります。

しかし色というのは難しいもので例えばこの色がいいとウインドウのペイントで作ったデータをオフィスのプリンターで印刷しても画面とは違う色になってしまうことは多々あります。

さらに言えば違うプリンターで印刷すればやっぱり色が違います。制作会社にパンフレットをデザインしてもらう際に色を指定するには印刷機用のインク番号を指定してやるかCMYKの混合割合で指定するのが1番確実です。(CMYKとはオフセット印刷で使う基本の4色のことです。)

インク番号にはDIC〇〇やTOYO〇〇といった番号があり、コーポレートカラーやロゴマークの色はこの番号でしているされているか、CMYKの混合割合で指定されていることがほとんどです。

上記の情報を調べておくかロゴのイラストレーターのデータを制作会社に渡せば正確な色の情報を渡すことができます。

色というのは結構難しいものですが日常生活ではほとんど意識していないのでパンフレットを制作する時にだれもがつまずくところだと思います。

社会・経済ランキング

パンフレットの紙の決め方

パンフレットの紙はどう選べばいいか

前回はパンフレットのデザインの決め方について書きました。今回はパンフレットの紙についてです。

考え方によっては紙もパンフレットのデザインの一つと言えなくはありません。デザイナーやデザイン会社によっては紙まで含めてデザインとして考えたり、提案してくることもあります。

紙については様々な種類があります。パンフレット制作関係の用語について書いた時にも少し触れましたが概ね塗工紙(コート紙、マットコート紙等)と非塗工紙(上質紙等)に大別できます。

質感のある紙(簡単にいうと画用紙みたいな紙)は見た目や手触りがよく高級マンションのパンフレット等に使われます。ネックはコストです。パンフレットに予算を掛けていい場合は検討しても良いかもしれません。

他にもきらきら光る紙や金属のヘアライン様に見える加工がしてある見た目にも面白い特殊紙もありますが生産数が少ないこともあり非常に高価です。(大抵こういう紙はインクのノリも悪く印刷屋さん泣かせの紙の場合が多いです。)

コストを抑えるならコート紙かマットコート紙

変わった紙を使うのは見た目が面白いので誰もがやりたくなりますが結局コストが高くなります。一方、コート紙やマットコート紙と言った一般的な紙はコスト以外にも様々メリットがあります。

メリットとしては

  1. 世の中で沢山作られているのでコストが安い
  2. 紙としての品質は高い
  3. 発色がよく色の再現性が良いため色校正を省略できることが多い

上記のようなメリットが上げられます。実はただの安物ではないのです。同じ紙であっても見た目の印象等はデザインで結構変えることができます。今日においてパンフレットや会社案内制作の予算が潤沢であることは稀だと思いますのでまずはマットコート紙かコート紙で検討してみると良いでしょう。


社会・経済ランキング

デザインの決め方

どんなデザインなら良いのか

制作会社にデザインを依頼すると校正というデザインの確認用のPDFや紙が出てきます。それを確認して修正点があれば修正の指示を出すわけですが上がってきたデザインをどう評価するかが問題になると思います。

パンフレットのデザインといっても好きか嫌いかという好みや感覚だけで判断するべきではありません。大切なのはその内容に合ったデザインになっているかどうかだと私は思っています。

制作するパンフレットの内容に合ったデザインにするためにはデザイナーとパンフレットの内容についてどこが大事か等を共有しておく必要があります。パンフレット制作に必要なもので少し書きましたがコピー(文章)を用意しておくとそういった部分を伝えやすくなります。全く何もない状態では意味がないのです。

判断すべきはそのパンフレットの内容に合ったデザインかどうか、会社として守らないといけない部分(コーポレートカラー等)があっているか、強調したい部分が目立っているかをチェックし、文章の中身をチェックします。

ここで修正点があればデザイナーと相談して修正してもらいます。自分が思っているよりも良い方法があると思います。デザイナー(制作会社)とは面倒がらずコミュニケーションを密にとり、自分も制作に参加するぐらいの気持ちで取り組むと良いものが作れます。


社会・経済ランキング